宮崎市の不動産情報は東翔ホームへ!宮崎市を中心に中古住宅、新築/建売住宅、土地、中古マンション、収益/事業用物件、賃貸などの情報満載です!相続、任意売却もご相談ください!

Home / 任意売却について
 任意売却について

事情があり住宅ローンの支払いが困難です・・・。

 ・住宅ローンの月々の支払が苦しく無理である。
 ・今後、将来的に支払っていくこと難しい。
 ・売却をしたいが家を売っても残債が残ってしまう。
 ・これ以上借り入れもできず、金融機関からも支払条件の変更をしてもらえない。


こうなってくると競売にかかるのを待つしかないという最悪の状況に陥ってしまいます。このような場合に私達がご相談者様と債権者の間に入り、「任意売却」という形で問題を解決するお手伝いをさせていただいております。悩んでいる間にも競売開始の手続きは進んでいきます。手遅れになる前にぜひご相談ください。

   
 任意売却の流れ
     
       
  ご相談は無料ですのでお気軽にお問合せください。
専門の担当者より物件の概要や現況などをヒアリングさせていただきますので、お客様に適切なアドバイスをさせていただきます。
   
  物件の現地調査を行います。物件のカルテを作成し売り出しの査定を行います。
また今後のスケジュールについても打ち合わせをさせていただきます。
   
  抵当権者(債権者)と販売金額や配分案等の打ち合わせを行い「任意売却」を行うことの同意をいただきます。
   
  インターネットを中心に、雑誌、広告チラシ等で販売活動を行います。
内覧希望者がいらっしゃる場合には、事前にご連絡をさせていただきますのでご協力をお願いしております。
   
  買主様が決まりましたら、抵当権者(債権者)と交渉のうえ決定した売買金額にて売買契約を締結いたします。
 
  お引渡しまでに該当物件を空き家にしていただきます。
最終金のお引渡しと同時に不動産に設定された抵当権の抹消を行い引き渡し完了です。
   
 
 任意売却についてよくあるご質問
 
   
 

Q1 任意売却とはなんですか?

  任意売却とは、住宅ローンの支払いが困難になった場合に、債権者より不動産が差し押さえられ競売にかけられることを回避するため、債権者の了承をもらい普通の不動産売買として一般市場で該当不動産を売却することです。競売よりも高い金額で売却できる可能性が高く、その分残債を支払った後に手元に資金が残る可能性もあります。

Q2 どんな費用がかかるのでしょうか?

  任意売却は普通の不動産売却と変わりません。売却の際に仲介手数料がかかりますが、売価の調整ができますので別段用意していただく必要はございません。

Q3 任意売却と競売は何が違うのでしょうか?

  ●任意売却の場合 任意売却は一般市場で売却を行います。比較的、市場相場にそった金額で売りに出すことができます。また表向きは一般売買と変わりませんので、周囲の視線を気にすることもありません。どうしても継続して住みたい、他人に売りたくないという方は身内の方に売却してしまうことも可能です。
   
  ●競売の場合 競売は裁判所にて一般入札という形で売却を行います。裁判所の定める金額からの売り出しとなりますので、比較的一般市場より安く売却されることがほとんどです。そのため売却して返済に充てたとしても残債が残ることがあります。また競売物件としてインターネットや新聞等で公開されますので不特定多数の方に情報が出回ります。

Q4 税金の滞納があり差し押さえをされています。どうしたらいいでしょうか?
  売却価格の調整をしながら、税金の納付先(役所)と交渉させていただきます。ご相談ください。

Q5 不動産売却後の引っ越し資金がありません。どうしたらいいでしょうか?
  任意売却の場合は債権者から引っ越し費用をいただけることがございます。ご相談ください。競売の場合は強制退去となります。

Q6 不動産売却後に残債が残った場合はどうしたいいですか?

  交渉しだいで月数千円〜程度の金額での分割返済ができる場合がございます。ご相談ください。
 
 
Copyright(C)2001 tosho-home co.,ltd.All rights reserved.